原田マハ「美しき愚かものたちのタブロー」

幼い頃我が家は貧しかったので、比較的裕福だった伯母が親代わりに映画などの行楽によく連れて行ってもらった。そのなかで記憶しているひとつが、西洋美術館の松方コレクションである。モネの睡蓮の絵は素晴らしく、その絵が掲載されているカタログ冊子を買ってもらった姉が羨ましかったものだ。おそらく西洋美術館が1959年6月にオープンした直後、多くの…
コメント:0

続きを読むread more