映画「アダムズ・アップル」

刑務所から出て、更生プログラムの一環で田舎の教会に送られた男が、奇妙な聖職者たちと出会い、反発しながら、戸惑いながら暮らすうちにいくつかのまるで奇蹟のような出来事で変わって行く、そんな寓話のような、カルトムービーのような、変なブラック・コメディ映画だった。 アダム(ウルリク・トムセン)は札付きのワルにしてネオナチ、迎えた牧師イヴァ…
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジョーカー」

恥ずかしながら、途中までバットマンのジョーカーの物語だと気付かなかった。ゴッサムの街の名やあまりに汚い町の様相に首を傾げはじめ。トーマス・ウェインの息子、ブルースが出てきて、なんだ、あのジョーカーかと分かったとたん、緊張感が一気に溶けて、アメコミ映画の軽い気分が少し湧いてきた。それほどにシリアス・ドラマのような緊迫感があって、アメコミに…
コメント:0

続きを読むread more