映画「見えない太陽」

冒頭皆既日食があるから、「見えない太陽」という邦題にしたのかもしれない。 原題は、「夜よさようなら」の意味だが、それもよく意味が分からない。 フランスの片田舎、牧場主のミュリエル( カトリーヌ・ドヌーヴ) は、久しぶりにやって来た孫息子のアレックスがイスラム教に改宗していたと知る。 そして、恋人のリラと、カナダに行くと言っているが、それがどうも怪しいと心配になって来る ・・・






映画「見えない太陽」( L'ADIEU A LA NUIT 2019)
FAREWELL TO THE NIGHT


この記事へのコメント