映画「レッスル!」

芸達者な役者がそろった良質のコメディで、たまに、こういう肩の凝らない楽しい映画はいいものだ。 一番びっくりしたのは、主人公ギボ役のユ・ヘジン、いつもは冴えない脇役が多いのに、元レスリング代表選手で、しかも若いガヨン(イ・ソンギョン)から慕われて結婚したいと言われるほどモテるなんて、ありえない。 

ギボは、いまではシングルファザーで、レスリングを教えていて、息子のソンウンが金メダリストになることが夢だ。 上の階に住むガヨンの家族とは、昔から仲の良い友達同士で、ソンウンとガヨンは、幼いころからの仲良し、だれもが二人は付き合い始めると思っていた。 そして、ある日、ガヨンは、もう二人は大人になったのだからと、遊園地のデートで話があると。 ソンウンも、指輪をもって、つきあおうというつもりだった。 しかし、ガヨンが言い出したのは、ガヨンがソンウンのほんとのママになる、つまり、ガヨンはソンウンの父親ギボと結婚したいと・・・・。


イ・ソンギョンはあいかわらずかわいい。 2014年の「大丈夫、愛だ」がモデルから女優へ転身した最初だから、まだ日も浅いのにもはやベテラン女優だ。ただ「大丈夫、愛だ」「ドクターズ ~恋する気持ち」のときと、「アバウトタイム ~止めたい時間~」「レッスル!」「恋のゴールドメダル ~僕が恋したキム・ボクジュ~」では、随分と顔つき、目つきが違う感じがするのだが、メイクの差だろうか。

ギボの息子ソンウン役のキム・ミンジェ、どうもこの人の顔は好きになれない。 「トッケビ」の愚かな王の印象が強すぎるか、「最高の一発」のはっきりしない青年の印象があるからか。

ソン・ドンイルとチン・ギョンが、ここでも夫婦しているのは楽しい




映画「レッスル!」 (キム・デウン監督 2017)



オフィシャル・サイト
http://klockworx-asia.com/wrestle/





この記事へのコメント