映画「家族を想うとき」

久しぶりの映画館だった。外出が億劫で、見たい映画が少ないからだが、ケン・ローチ作品は見ないわけにはいかない。楽しい映画とは予想していなかったが、やはり辛い映画で、最初から最後まで、やりきれない思いに終始した。英国の新しい厳しい労働環境、雇用関係ではなく、フランチャイズという名の、責任ばかり押しつけられる個人事業主という過酷な労働に苦しむ…
コメント:0

続きを読むread more

映画「レッスル!」

芸達者な役者がそろった良質のコメディで、たまに、こういう肩の凝らない楽しい映画はいいものだ。 一番びっくりしたのは、主人公ギボ役のユ・ヘジン、いつもは冴えない脇役が多いのに、元レスリング代表選手で、しかも若いガヨン(イ・ソンギョン)から慕われて結婚したいと言われるほどモテるなんて、ありえない。  ギボは、いまではシングルファザーで…
コメント:0

続きを読むread more