恩田陸「祝祭と予感」

「蜜蜂と遠雷」の続編というよりは、おまけ、スピンオフといった感じの本。あまりに完成度が高く、面白かったから、その前後のエピソードを追加したくなる気持ちはわからないでもないが、同程度の続編ならすごい!と思うけれど、この短編の積み重ねでは、ちょっとねぇ・・・という感想だ。 まあ、「蜜蜂と遠雷」の余韻を楽しむにはふさわしい。 ところで、…
コメント:0

続きを読むread more