映画「マリッジ・ストーリー」

皮肉な警句作家なら、結婚とは、愛し合っているかどうかに関わらず傷つけ合いと罵倒し合いをゴールとする制度である、というかもしれない。そして、離婚とは、夫も妻も敗者となり、弁護士だけが勝者となる闘い、というかもしれない。もっとも、アメリカ社会では、という前提がつくかもしれない。 私の大好きな名作である「フランシス・ハ」の監督であるノア…
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジョジョ・ラビット」

ヒトラー・ユーゲントをある意味茶化したブラック・コメディと思いきや、意外にシリアスな展開になり・・・・。ウサギも殺せないと馬鹿にされながらも、立派なヒトラー・ユーゲントの団員になるのだと、尊敬するヒトラーにいつも心のなかで語りかけるジョジョ。 しかし、ジョジョの両親はドイツは愛しているが反ヒトラーの活動をしている。母親ロージイ(スカーレ…
コメント:0

続きを読むread more