米澤穂信「Iの悲劇」

「Iの悲劇」の「I」とは、「アイ、ロボット」の「I」ではなく、何かのイニシャルでもない。いわゆる、I-ターンの「I」だった。 住民が誰もいなくなったある村に移住を呼び掛けて村を再生させようとする、Iターン・プロジェクトにまつわる悲喜劇を語っている。 移住者に起こるトラブル、事件を、ミステリータッチで謎解きをしてゆく。まあ、エンターテイ…
コメント:0

続きを読むread more