映画「バーニング 劇場版」

原作は、村上春樹の短編『納屋を焼く』という。それは読んだことはない。ミステリーのようでもあり、不条理劇のようでもあり、やや得体の知れない物語だ。好きな人は好きなのだろうが、私にはちっとも面白くなかった

幼馴染のヘミ(チョン・ジョンソ)に偶然出会ったジョンス(ユ・アイン)は、ヘミが旅行中に、アパートの部屋に行き猫に餌をやってくれと頼まれる。旅行から帰って来たヘミには、連れのベン(スティーヴン・ユァン)がいたが、自然、ヘミと付き合い始めたジョンスは、ベンとの妙な三角関係に戸惑っていた。

実家の農家やビニールハウスを引き継がなければならなくなったジョンスは、田舎に引っ込むが、ヘミとの関係を続けて行くうちに、ヘミと連絡がつかなくなる ・・・・ 家にもゆくが、個々にはネコなんかいないはずだと奇妙なことも言われる ・・・





映画「バーニング 劇場版」(イ・チャンドン監督 BURNING 2018 )



オフィシャル・サイト
http://burning-movie.jp/



この記事へのコメント