オグ・マンディーノ「この世で一番の贈り物」

かつて一時期、オグ・マンディーノのような、人生を成功させるための方法論、などを語るものに、あまり抵抗感のない時期があった。若い時から、この手の自己啓発には疑念があって素直に受け取らなかった。しかしある時期、そう、「ライフ・ダイナミクス」という名のセミナーに参加した頃から、それを選択するかどうかとは別に成功や幸福を追求する方法論があっても…
コメント:0

続きを読むread more

河邑厚徳他NHK「チベット死者の書」

もう30年近く前の本だが、私にはちっとも古さを感じない。死の話や仏教の話は時代を感じない。「チベット死者の書」は、チベット語で書かれた経典を、アメリカの人類学者が英語に翻訳するときにつけた題名(The Tibetan book of the Deas)に由来しているという。チベット語の原題「バルド・トドゥル」の意味している内容はすこし違…
コメント:0

続きを読むread more