夏目漱石「明暗」

何十年ぶりの再読だろうか。多分三回目で、最初は中学生のときだと思う。妙に気に入って、漱石の中では一番好きな小説だったことだけ記憶している。しかし、中学生にこの小説がわかるだろうか。分かるわけはないという意見もあるだろうが、意外に中学生くらいになれば、なんとなくわかっているものなのだ。 さて、こんなに理屈っぽい、心理劇のような小説だ…
コメント:0

続きを読むread more