チョン・セラン「保健室のアン・ウニョン先生」

私もたいへ好きな作品「フィフティ・ピープル」のチョン・セランが、もともと馴れた?舞台であるファンタシーの作品で、最新作らしい。学校の怪談のような、学校の保健室をとりまく、この世のものでないものを描く短編が続く。「フィフティ・ピープル」ほどではないが、なかなか面白い。

見たくもない者が見えてしまうアン・ウニョンは、病院勤務に疲れて、資格を生かして養護教諭に転身した。初勤務の私立M高校は、見るからに怪しい雰囲気の古い校舎だった。

訳者解説では、著者に訊いた隠れたエピソードがいろいろ書かれていて興味深い。

・韓国の保険教師は医療にも従事する仕事らしい。日本の養護教諭と同様、生徒ひとりひとりにも向き合う。 
・ウニョン先生とインピョ先生に共通しているのは、「空気は読まない」、「人には親切にしたい」、「許せないことは許せない」
・英語ネイティブの教師がいるのは、韓国では小学校から英語教育が必修で、塾通いか盛んだそうだ
・「夜間自律学習」は、独裁政権が「親の経済力にによる教育の不平等をなくすという建前により、塾や家庭教師などが一切禁止された」ことから始められたものらしい。「応答せよ、1988」でもよくでてきたけれど、それは初めて知った。
・大学受験の厳しさはよく耳にするが、それは定時募集の修能試験のことて、八割の学生は随時募集、ということも初めて知った。

そのほか、ほんとに興味深い話題が多かった。




チョン・セラン「保健室のアン・ウニョン先生」(亜紀書房 2020.3.26)
大好きだよ、ジェリーフィッシュ
土曜日のデートメイト
幸運と混乱
ネイティブ教師マッケンジー
アヒルの先生、ハン・アルム
てんとう虫のレディ
街灯の下のキム・ガンソン
ムシ捕り転校生
穏健教師パク・デフン
突風の中で私たち二人は抱き合ってたね
あとがき
訳者解説






<大好きだよ、ジェリーフィッシュ
スングォンはジェリーフィッシュのような可愛い女の子ヘヒョンに恋していて今日告白しようと急いでいた。生物室で爪かとげか何かに首を刺されたスングォンを心配したウニョンは調べるため、開かずの地下室に降りてゆく。創立者の祖父から引き継いだ漢文教師のインピョも責任上ついて行った・・・・

<土曜日のデートメイト
 ウニョンは、寺社を訪ねては、人々の願いを盗んでいた。インピョはそれを知ってウニョンに土曜日ごとにつきあった。学校の問題を解決できるからだ。ときには南山のキーホルダーでカップルの想いを盗んだ。それらはみなエネルギーになった・・・。

<幸運と混乱
「幸運」と綽名されたク・ジヒョン、「混乱」と呼ばれているパク・ミヌのふたりはいつもつるんで、可愛い悪事をなしていた。ウニョンは二人の間のぐにゃぐにゃを見て、早く手を打たないと、もっと悪いことをし始めると危ぶんだ・・・

<ネイティブ教師マッケンジー
 新しく採用された英語教師マッケンジーはウニョンから見て怪しい男だったが、その笑顔や明るさのせいか、女生徒にはたいへん人気があった。いつも仲間外れにされるユジョンもすっかり恋してしまった・・・

<アヒルの先生、ハン・アルム
生物学のハン・アルム先生は、一年目の大失敗以来学校に溶け込めない。慕ってくれる生徒もいない。それは地味な生物学だからというわけでもない。ある朝池にアヒルが一羽紛れ込んでいた・・・・

<てんとう虫のレディ
学校でただ一人の芸能人、キム・ラディが保健室にやって来て、家に来てほしいと頼み込んだ。ママが家に幽霊がいると言って、ひきこもってしまったと。養父のジヨシュア・チャンが有名人だったからか、ウニョンは二つ返事で請け合ってしまった・・・

<街灯の下のキム・ガンソン
幼馴染のガンソンがふと現れた。漫画の上手なガンソンと霊感少女のウニョンは普通の生徒の仲間には入れなかったけれど、マンガ研究会の気さくな生徒たちは迎えてくれた。剣とBB弾はガンソンの発案だった。ウニョンはなかなかガンソンの死因を聞けなかった・・・

<ムシ捕り転校生
丸顔の可愛い転校生ペク・ヘミンが保健室にあいさつに来た。自分はムシ取りでいきなりっ子なんだと。でも、40回も生まれ変わって、しかも20歳で消えてしまうなんて可哀想だし、本人もほんとは生きたいらしい・・・・

<穏健教師パク・デフン
歴史の教師パク・デフンは、いつも静かで穏健だが、決して間違ったことはしなかった。厳しく公正に評価した教科者選定を校長に曲げられそうになって怒りに燃えたせいか、死者たちにつきまとわれる悪夢を見るようになってしまった。・・・・

<突風の中で私たち二人は抱き合ってたね
學校は、悪いことが次から次に起こるようになった。何かがおかしいと、ウニョンとインピョは構内を点検して回る。ロクでもない前校長がつくった碑石に妙な花が咲いているのに気がついたウニョンはほり始めた・・・





この記事へのコメント