パオロ・ジョルダーノ「コロナの時代の僕ら」

イタリアはローマに在住の物理学者にして作家のパオロ・ジョルダーノ氏の随想である。ミラノの惨状が起こり始めるころ、感染症、コロナに直面した今を語っている。 理系頭脳の理性的、合理的見方と、たいへんまともな世界観、倫理観に裏打ちされたメッセージが心に染み入る。 といっても、それほど記憶に残るようなもの珍しい言説を語っているわけではない。ただ、「数学的アプローチ」と称される、数学的な視点が他社にない者なのかもしれない。それ以外は至極まともな、穏当な言葉の数々なのだが、それが新鮮に聞こえるところが、コロナの時代のかもしれない。しいて言えば、コロナの時代はコロナが収束しても終わらない、もともとコロナの発生は、人の環境破壊、温暖化などが遠因となっている。これまでの生活をどう変えてゆくかがもんだいなのだ。

日本語版には、筆者のあとがきが追加されている。そのメッセージは強く激しい。「僕は忘れたくない・・・・」と繰り返されるメッセージは強く、熱く、印象的だ。ここはぜひ、本書で読んでほしいところだから引用はしない。 

本文で印象的な文をすこしだけ引用してみる

・ 「感染症の流行はいずれも医療的な緊急事態である以前に、数学的な緊急事態だ。なぜかといえば、数学とは実は数の科学などではなく、関係の科学だからだ。(中略)そして感染症とは、僕らのさまざまな関係を侵す病だ」・・・なんともユニークな発想だが、数学はともかく、関係を侵す病、というのはそのとおりだ

・ 「ウイルスの前では人類全体がたった三つのグループに分類される」、それは、感受性人口(感受性保持者)、感染人口、隔離人口

・ 「現実には、そもそも自然の構造が線形ではないのだ。自然は目まぐるしいほどの激しい増加(指数関数的変化)か、ずっと穏やかな増加(対数関数的変化)のどちらかを好むようにできている。自然はうまれつき非線形なのだ」、にもかかわらず、人は線形に考えがちだ

・ 「COVID-19とともに起きているようなことは、今後もますます頻繁に発生するだろう。なぜなら新型ウイルスの流行はひとつの症状にすぎず、本当の感染は地球全体の生態系のレベルで起きているからだ」

・ 「何を考えろって? 僕たちが属しているのが人類という共同体だけではないことについて、そして自分たちが、ひとつの壊れやすくも見事な生態系における、もっとも侵略的な種であることについて、だ」

・ 「今回の流行で僕たちは科学に失望した。確かな答えがほしかったのに、雑多な意見しか見つからなかったからだ。ただ僕らは忘れているが、実は科学とは昔からそういうものだ。」

・ 「僕らは戦争をしているわけではない。(中略) 今度の緊急事態は戦争と同じくらい劇的だが、戦争とは本質的に異なっており、あくまで別物として対処すべき危機だ。(中略) 「戦争」は独裁政治を連想させ、基本的人権の停止や暴力を思わせる」。 そう、戦争に譬えるのはやめてほしいものだ



パオロ・ジョルダーノ「コロナの時代の僕ら」(早川書房2020,4,20)














この記事へのコメント