韓国ドラマ「まぶしくて-私たちの輝く時間」 地味だが珠玉の小品

ファンタジックだが地味な恋愛ドラマが、突然妙な婆さんストーカーと年寄り達の話に転換し、それが、全体の三分の二ほど過ぎると、劇的な驚くべき転換となる。やや粗削りだけれども、珠玉のドラマ、珠玉の小品、といってもよい。 私好みの韓国ドラマのベストテンには必ず入る作品だ。

キム・ヘジャ(ハン・ジミン)は25歳、アナウンサー志望だが、うまく就職もできずに、家でぶらぶらしていて、ときどき美容院を営む母親の仕事を手伝っている。心の底ではもうアナウンサーは諦めているが、じゃあそれに代わる何をしたらよいのかわからない。ヘジャが気になる近所に越してきたばかりの青年イ・ジュナ(ナム・ジュヒョク)は、祖母と暮らしている孤独な訳あり青年で毎日がつらそうな無気力な生活をしていた。ジュナはいつしかヘジャと親しくなって、転々と住まいを変えてきた人生で初めてこの街を愛するようになる。 

ヘジャにはある秘密がある。子どもの頃浜辺で拾った金色の腕時計だ。その時計のつまみをいじれば時間をもとに戻すことができる。しかし、時間を戻すと、少しだけ自分の成長が早まってしまうらしいからあまり活用できなかった。 そんなある日、ヘジャのタクシー運転手の父親が家の近くでトラックにぶつけられて死んでしまう。なんとか父親を助けようとしたヘジャは、何度も何度も時間を巻き戻して助けようとするが一瞬間に合わない。そしてとうとう間に合って父親は命はとりとめたのだが、片足を失ってしまう。 嬉しいような申し訳ないような想いて父親に近づくヘジャに、それが誰もヘジャと気づく人がいなかった・・・・ 



こんなシーンがある。

「私の人生は不幸だったと思っていました
 悔しい思いでいっぱいでした
 でも考えてみたら
 あなたとの幸せだった記憶もあるし
 不幸だった記憶もある
 その記憶のおかげで
 今まで頑張ってこられたんです
 その記憶が消えるかもしれないと思うと
 怖くてたまりません」
 
そして一番幸せだった時を訊かれて、答えるこんな美しいシーンもある

「特別な日ではないわ
 私はただ、こんな日が幸せだった
 ごはんを炊く匂いが町じゅうでし始めると
 私も釜を火にかけて
 そのころよちよち歩きを始めたばかりの私の息子
 あの子の手を引いて庭に出るの
 するとずっと向こうの方に
 夕焼けが見えるの」
 そして帰って来た夫と親子三人で夕陽を見る
 

まあ、だからどうなのよ、と言われると困るが、完璧なドラマではないけれども、作家がつくりたいドラマがどんなだったか、とてもよくわかる、そんな美しいドラマだ。 出演者がまた、素晴らしい。 ハン・ジミンのヘジャの父親には、アン・ネサン 、母親には、イ・ジョンウンという芸達者なベテランが配されている。 その上、毎回、びっくりするような特別出演がある。

韓国ドラマで、センチメンタルでヒューマンなドラマには、たいてい、お口直しのようにコメディタッチのエピソードがはさまれる。 そこを担っているのが、兄ヨンスのソン・ホジュン、親友ヒョンジュのキム・カウンはじめ、年寄りの多くだ。 


韓国ドラマ「まぶしくて - 私たちの輝く時間」

https://www.bs-asahi.co.jp/mabushikute/


この記事へのコメント