今村夏子「むらさきのスカートの女」

読み進めてゆくうちに、きっと大きな事件や、話の転換が起こって、「むらさきのスカートの女」と「黄色いカーディガンの女」に大きな変化が起きるにちがいない、との期待が高まるが、とくに、どうってことのない、それほどのことでもないが、ひどく微妙な展開になって・・・いったいぜんたい、この小説はなんなんだろう、と、不思議な思いで終了する。 いつ…
コメント:0

続きを読むread more