黒井千次「老いのゆくえ」

黒井千次ともあろう作家の書く「老い」だから、さぞ、興味深い、深みのある話がちりばめられているのだろうと、ほのかな期待はしたが、みごとに振られた。 あとがきを見たら、きちんと書いてあった。「可能なかぎり率直に、老いていく自分を描き、その感覚や感情を記していくことを目指した」と。「事実、<老い>の進行は数知れぬ失敗や事故や異変を…
コメント:0

続きを読むread more