テーマ:時事

大前研一「日本復興計画」--橋下維新の会と大前氏を担いで日本を復興させよう---

相変わらず、世界的視野でのすぐれた発想だ。 大前氏の発想が実現しないのは、古賀氏の言うように官僚機構にその発想がないからだ。 「まず官僚機構を変える」のが先決かもしれない。 しかし、大前氏の日本復興計画の二本柱、道州制とメンタリティは、全く賛成だ。  大前氏は原子力工学のドクターだけに、311直後でも、事故のの見通しが的確だ。 大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金子勝・児玉龍彦「新興衰退国ニッポン」は良いことを気づかせてくれる必読本。 しかし先行きは暗い。

金子勝氏、児玉龍彦氏の二人に接点があるのかどうか、異色の組み合わせと思うお二人の論述。 日本再生のための8原則を提言している。 8原則は、到底実現しそうにない策ばかりだが、それは理想的すぎるからという理由ではなく、この思想・哲学が、成功につながるものだと理解するのがむずかしいからである。 そこには、いったん引いて、もう一度基礎体力からつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余計な心配・・・東急ウェリナ と ガーデンシティ御殿山

余計なお世話であり、余計な心配である。 地元大岡山に建つ東急ウェリナ。 オープンから1年以上たつが、入居者は、少ないのではないか。 夜になると、いくつかの部屋に明かりが灯る。 しかし、大半は真っ暗なままだ。介護付き老人ホームとして、たいへん高級な部類にはいるから、もともと直ぐ満杯とは予定しなかったでしょうが、それにしても・・・である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPPはやむを得ない選択と思っていたが、どうも反対の気分になってきた

TPPはこれから進行するであろうブロック化の動きの中で、日本が孤立しないで済むひとつの方法で、アメリカと中国、どちらを選択するか、究極の選択をするとしたら、やむなくアメリカを選択せざるを得ないだろう・・・というロジックで、TPPへの参加は、やむを得ない選択だろうと考えていた。  しかし、アメリカ流の新自由主義の浸透はどうなのだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

情報を開示すること

上杉隆氏は、いつも情報公開のもつ力を主張している。 それは全くその通りだとおもう。 情報はきちんとオープンにし、共有することによって、初めて力を持つ。 情報をオープンにすればパニックになると、福島の原発事故では情報「隠蔽」が繰り返され、正当化された。 それは正しいことなのだろうか。 パニックを恐れ、情報を止めた人々は、それを正しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IPA Forum 経産省課長の基調講演はたいへん興味深かった

古賀茂明氏の「官僚の責任」を読んだ直後のせいか、IPA Forum 経産省課長の基調講演は、いろいろな意味でたいへん興味深かった。 「IT融合による新たな産業の創出に向けて」と題する良い内容だった。 特徴的には、日本の弱みがよく認識されている。 「要素技術の強さのみでは勝てない時代に」なったというが、そんな認識は、私でもわかるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発 事態は一層暗い見通しで不安がいっぱいだ。 これは風評でも扇動でもない、不安なのだ

昨日26日の東電本店での武藤副社長会見では、「最悪の事態は何か」という、赤旗記者の質問に全く回答がないので、上杉隆氏、アエラ記者氏、赤旗記者氏の三人が、食い下がっていたように聞こえた。 事態は一層悪化しているように思う。 代替策はないのだろうか。  システム開発などのITプロジェクトマネジメントや障害対応でいえば、ゴールを決めてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不謹慎ながら・・・政治家にとってはチャンスなのに、現地に飛べばよいのに!!!

政治家にとって、今は、ある意味、チャンスだ。 民のために貢献したいと考えているはずの、若い政治家は、国会もあるだろうが、空いた日に被災地に物資を持って飛んでいけばいい。 隠れた善行でなくてもいい。 一度現地に行けば何をすれば良いかわかるから、東京での発言にも重みが出る。 2,3度物資を持って行けば、その誠実さを疑う者はなくなるだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アエラの表紙が非難されているが、なぜ非難されるのかわからない。 東電こそ不安の発生源だ

アエラの表紙が非難されている。 防毒マスクに「放射能がくる」の言葉が、風評被害を助長するといって、非難する人がいるらしい。 非難する人の気がしれない。 だって、風評どころか、現に放射能は東京に来ているではないか。  非難する方の論点は、 1. みな心を一つにして頑張ろうとしているのに、ひどく冷淡で、日本のことを考えていると思えな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震、放射能、海面水位シミュレーション・・・等々、いろいろなリンクがある

東京23区も、今日はよく揺れる。 船酔いのような気分だ。 放射能の不安、次は千葉県東方沖と噂される余震の不安、トイレットペーパーも牛乳もない、水もない。 ・・・・ などなど、東京でも、これだけストレスの高い日々になっている。 被災地のストレスはどんなに耐えがたいものだろう。 東京23区内はあまり計画停電が計画されていない。 23区を停電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「直ちに健康に影響を与えるほどのものではない」は、本当だろうが、すり替えの疑念も湧く

「直ちに健康に影響を与えるほどのものではない」と、よく言われる。 今すぐに問題にはならないが、いつかは・・・ということなら、「問題の先送り」か、「将来に問題となる」ということだ。 未来ネットというサイトで、転送歓迎の説明があった。 問題ないなら、はっきり「問題は無い」と言えば良いが、言えないのならやはり問題あるということなのだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発 事態は順調なのか、悪化しているのか、全くわからないのか・・・・・それがわからない

報道も、枝野氏の会見も、東電のホームページも、どれを見ても事態は順調なのか、悪化しているのか、全くわからないのか・・・・・それがわからない。 一見順調で、「表面温度」が低いらしいことで、順調という印象がある。 では大きい線量はどこからきているのか。 風が東から吹くと数字が大きくなるという説明に納得する人はいるのだろうか。 2号機、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発、佐藤前福島県知事、そして原発の怖さ

いま、佐藤栄佐久 前福島県知事が、福島原発について批判的だったことが話題になっている。 プルサーマルも白紙に戻したいと主張していたらしい。 10年が寿命と言われた福島原発は、30年も動いているわけで、佐藤前知事が福島原発の当初、どういう立場だったかはわからない。  批判的でも、原発反対派というほどでは、なかったのではないかと、勝手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発 最悪の事態を想像しても、何も持たない民は動かず耐えるしかない

成田や羽田は、「念のため」に、一時避難する人で混雑している。 政府や東電の発表は、予断は許さないが、比較的順調に推移しているという。 そして、線量もCTやレントゲンに比較すると影響ないともいう。 一方、アメリカの新聞や、フランスの報道(これは和訳後)や、広瀬隆氏や、平井憲一氏の文章を読むと、内田樹氏が言うように西日本に疎開した方が良いよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の北澤防衛大臣「成功を祈る」発言に感じた違和感は、目標と達成基準の欠如なのだろう

昨日、自衛隊ヘリが上空から放水した直後、北澤防衛大臣が、「・・地上からの放水は線量が厳しいため、上空から行った・・・成功を祈る・・」趣旨の発言をした。 ひどく違和感を感じた。 TVで放映されている放水は、「成功」などとは程遠い印象だったからだ。 http://46460707.at.webry.info/201103/articl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たった4回の放水だけで終わりか? 米軍のピンポイント爆弾やナパームで水は投入できないのか

自衛隊のヘリで3号炉の燃料プールにヘリから放水していた。 しかし、腰が引けているせいか(非難ではない)、ルールか、線量が高いのか、かなり上空からの放水なので、効果は少ないのではないか。 今日が山場にしては、ちょっと徹底しきれてないのではないか。  これから地上からの放水が始まる。  デモ隊相手ではなく、初めてきわめて価値の高い放水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無為徒食の輩がブログで流言飛語の類を流すのは気が引けるのだが

このブログで、こんな情報を流しても意味は無いとは思う。 これも流言飛語の類ですが、New York Timesは、冷静に分析してかなり長期戦になるとみています。 フランスはもともとかなり悲観論で、それを受けて外国人留学生の帰国ラッシュが続いているようです。 ① サイトとしては、怪しげ(失礼) ですが、「「原発がどんなものか知ってほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現場はどこも頑張っている。 福島原発も。

私の育ったIT業界も、現場は頑張っている。 福島原発も、東電も現場は頑張っている。 もちろん福島原発の現場は、命をかけた仕事になっている。 殆ど常に問題は本社機構のマネジメントだ。 朝日新聞によると、菅直人氏が東電に乗り込んで本部を作ったのは、東電が原発の現場から撤退すると流れたから、事前に釘を刺したのだという。 真相は知らない。 しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京電力という会社は、ほんとに顧客志向のない殿様企業ですね。 社長の顔も見えない

大した付き合いは無かったけれども、この計画停電や福島原発の動きを見ていると、現場は頑張っているのだろうが、なんとも、顧客志向の無い会社かと、あらためて吃驚する。 見ろと言っているホームページくらい、きちんと更新しろ、原発は、社長が出てきて説明しろ・・・と言いたい。 もう地震、原発関連のTV報道番組を見るのが疲れてしまった。 神経が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災後初の平日・・・人々の必死の努力に祈りを捧げよう

8時半に予約した虎ノ門病院に行ったら、驚くほど人が少なかった。 病院でも、電車が動かなければ、来られない。23区内なら近いが、郊外から都心に来ることが難しい。 コンビニを覗くと食料も電池もない。 福島と都内で、東電は必死に頑張っていることだろう。 東電の対応を批判するのはたやすいが、批判しても何も生まれない。 計画停電は、殆ど停電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内外からの激励 prayforjapan.jpなど、大震災にも、冷静で素晴らしい。 

Twitterでは、世界各国からの援助のお知らせ、激励など寄せられている。 金曜日の深夜の帰宅状況を綴ったtweetもある。 友人がそれらをいくつか集めてfacebookに公開していた。  なかには、眼がうるんでしまうものが多い。 こういう、転載の転載は、許してくれるだろう。 例えば、駅で寒そうに待っていたら、ホームレスのおじちゃんが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震、帰宅難民、物流の脆弱性・・・

昨日、都内交通機関が全て停まったため、いわゆる帰宅難民が発生した。 私は郊外にいたため、逆方向だった。 2時間近く待ったJRが動く見込みがないと諦めて、超満員のバスに乗った。 持参していたありったけの抗不安薬を飲んで、渋滞の路を4時間近く満員バスのなか耐えた。 西武線の駅にたどり着いたとき、西武線は動き始めていた。 JRがさっさと復旧を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NZ地震 日本人生き埋め」という、朝日新聞のトップニュースに「4.2.3」を思い出す

先日、朝日新聞一面トップの見出しは、「NZ地震 日本人生き埋め」。 そして、別の日の三面トップ見出しは、「日本に帰りたい」。 勿論、理解はできるが、どうして、「日本」にばかり、こだわるのだろう。 沢山のNZ人も亡くなっているだろうに。 中島みゆき様の「4.2.3」を思い出す。 行方不明になっている家族の方は、もちろん、家族のことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

副島隆彦「日米地獄へ道連れ経済」は、どうなんだろう???

大変激しい怒りに満ちた本である。 真実を知らない、また見ようとしない政治家、官僚、特定資産家、メディアに対する怒りである。 米国のいいなりになって、地獄に突き進んでいる、日本のエスタブリッシュメント全体に怒っている。 私は、著者の主張の正邪を判断する根拠を持たない。 全く根拠ないが、感覚的に、7割正しく、2割どちらともいえなくて、1割は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅直人氏は、野党の修正案で緊縮予算にしたいらしい・・・買いかぶりかな?

米格付け会社S&Pが、日本国債の格付けを下げた。 いよいよ始まったかと、不安は隠せない。 この莫大な借金は、普通なら返せる額ではない。 デフォルトかハイパーインフレか、どちらしか解決策はないとも聞く。 どっちも、なけなしの金融資産が紙くずとなるし、年金生活者にとっては致命的となる。 いまの民主党の予算案が通ったら、更にランクが下がる可能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼保一体化は、必ずしも近道ではない。 保育所の設置・充実が先だろう 

わずかな期間ではあるが、昨年のいまごろ、保育園に勤務していた。 情報システムが私の公のライフワークとすれば、保育はプライベートなライフワークとしたいテーマだ。 幼保一体化の論議に関心を持たないはずがない。 幼保一体化は、同じ子どもなんだから一緒に扱えばいいという、たぶん短絡的な発想だ。 短絡的でも、やってみる価値のあることもあるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK-BS2 「借金862兆円 こうして膨らんだ」を見て、改めて腹立たしくなった

NHK-BS2のアンコール 「借金862兆円 こうして膨らんだ」を見て、改めて腹立たしくなった。 何が腹立たしいかというと、元大蔵官僚が語る言葉に、力の無さ、他人事の対応、政治家への責任の転嫁・・・誰も結局は体を張って闘わなかったのだ。 民間のサラリーマンは、もっと、常に辞表を意識して仕事をしていると思う。 勿論、政治家も悪いのは当たり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株式投資のセミナーに初めて参加した

 某証券会社主催の個人投資家向けの講演会というものに初めて参加した。 あるメールマガジンで参加無料で900人も募集していたので、応募してみた。 お断りされるかと予想したら、受講証が送られてきたので、興味深く参加させていただいた。 私より若いと思われる参加者はごく少数、圧倒的多数は、私と同程度か、より年寄りだ。 参加者がみな投資家として潤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏は政倫審出席や国会証人喚問などに応じる必要ない

小沢一郎氏が、国会の秘密会や証人喚問などについて、「妥当でない、必要ない」と行ったそうだ。 彼の言う理由は読んでいないし、私は別に小沢氏の信奉者ではないが、私も必要ないと思う。 というより、どうせ、ロクな質問はできないのだから時間の無駄だ。 景気対策、TPP、中国、定数削減など、もっと他にやることがあるだろうと思うからだ。 「政治…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

世の中あれこれ・・・・検察審査会の議決、小沢氏は辞任すべきではない

検察審査会の結論が出たが、この起訴相当の結論に至る前に、「審査補助員を務めた吉田繁実弁護士は、暴力団内部の共謀の成否が争点となった判例や、犯罪の実行行為者でなくても謀議に参加すれば共犯として有罪になるなどと認定した1958年の最高裁大法廷判決を審査員に示し、「暴力団や政治家という違いは考えずに、上下関係で判断して下さい」と説明した。」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more