テーマ:近現代史

保坂正康「陰謀の日本近現代史」

「陰謀の」に期待しすぎるとがっかりする。「智恵と知恵の戦い」に期待しすぎるとがっかりする。日本の近現代史にある「陰謀」は、分かっている範囲では、ロクな「智恵」もない、情けない策謀だ、混乱の中のあがきだ。 アトランダムに面白い話題を・・・ ・ 「太平洋戦争を総合的に分析すると、直接的な敗因は軍事指導者たちの見通しの甘さにあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加藤典洋「敗戦後論」

久しぶりに本格的な「評論」を読んだ。学生時代は、こんなのばかり読んでいたなあと懐かしむ。「敗戦後論」と「語り口の問題」の二編はなかなか読み応えのある、考えさせるいい評論だ。「戦後後論」は、太宰とサリンジャーの対比など興味深いけれども、乱暴に言えば、しょせん文学論で、いまのわたしには、どっちでもいいや、という感覚だ。 筆者はかなり初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加藤陽子「天皇と軍隊の近代史」

「総論 天皇と軍隊から考える近代史」を読めば、筆者のイシューのおおよそはわかる。 第1章からの本文は、その論題を詳細に展開したもので、ある意味、かなり専門的、学術的であるから、理解しにくいところも多い。いずれにしても、汲めども尽きぬ興味の湧いてくる領域であることはまちがいない。 筆者の主要な関心は、「政治主体としての軍、特に陸軍」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more