Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ライフ・イズ・ミラクル」 は、地味で素敵な映画だ

<<   作成日時 : 2011/11/06 15:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

同じ、ボスニア紛争を扱っても、「U.N.エージェント」などと異なって、幸せな映画だ。  棺桶を運ぶロバが世をはかなんで、ストライキを起こしてレールの上から離れない。 なんとも微笑ましいシーンの連続から始まる。 しかし、そこは、セルビアの内戦勃発地域。

鉄道技師のルカ(スラヴコ・スティマチ )は、 息子のミロシュが徴兵にとられ、妻も男ができて逃げてしまった。 内戦が勃発してミロシュは捕虜にとられてしまった。 親しい村人たちが、ムスリム人の看護師サバーハ(ナターシャ・ソラック)を捕まえて、ミロシュと捕虜交換しようと考えた。 ルカは家にサバ―ハを預かり、身の回りの世話をする。 いつしか、ルカとサバーハはお互いに好意を意識し始める。

開通していない不思議な鉄道、おもしろいロバ、楽しい村人たち、そして、のどかな自然、怪しい人々、好ましい映画的シチュエーションがいっぱい詰まってきたら、一気に明るい恋愛映画になってきた。


映画「ライフ・イズ・ミラクル」(エミール・クストリッツァ監督 セルビア 2004)






ライフ・イズ・ミラクル [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ライフ・イズ・ミラクル [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ライフ・イズ・ミラクル」 は、地味で素敵な映画だ Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる