Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 池谷裕二・中村うさぎ「脳はこんなに悩ましい」は、なかなか楽しい

<<   作成日時 : 2013/09/04 08:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

脳科学者の池谷裕二氏と中村うさぎ氏の「脳」にまつわるフランクな対談。 不思議と中村うさぎは好きなので、面白く読んだ。 下ネタの嫌いな人には向かない本だが、下ネタだけでなく、結構真面目な会話もある。 

二人が、23andMe社?の遺伝子診断を受けた結果もかなり詳細に説明されている。 そんなことも遺伝子診断でわかるのかという驚きが続く。病気、はげ、コーヒー、酒、ルーツ・・・・やってみようかという気になる。


まとめもなにもないが、気になったところ・・・・

・ 適者生存は科学的讒言 キリンの首が長い理由は、高木の餌に向いたものなどではない。 餌なら下の方が多い。

・ピグマリオン効果・・・強い願望で願いがかなう

・解剖なので、日本では「死んじゃいました」 と言うが、アメリカでは 「I killed it」と明確だ

・赤ちゃんの微笑みは真似?

・O型は殺率が低い?

・BMI・・・・体重の事ではなく、 Brain-machine Interface と言う言葉もある

・オツカムの剃刀・・必要以上の仮定を置かない

・へき則は自然界を貫く基本ルール・・・・石庭の医師の配置もそうだ

・ラバーハンド・イルージョン

・心拍数は、15億回ガ限度? ・・・ 人間なら 41歳

・SNP ・・・・ 23andMe 遺伝子診断




池谷裕二・中村うさぎ「脳はこんなに悩ましい」( 新潮社2012.12.20)☆☆☆☆
第一章 ひらめきの男、直感の女
第二章 ダマし合う脳と身体
第三章 脳はなぜ生まれたのか
第四章 脳は遺伝子から自由になれるのか

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
池谷裕二・中村うさぎ「脳はこんなに悩ましい」は、なかなか楽しい Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる