Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「遥かなる勝利へ」、ミハルコフ三部作の主役はスターリンだった!

<<   作成日時 : 2013/11/28 05:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「太陽に灼かれて」「戦火のナージャ」に続く「遥かなる勝利へ」を待ちかねて見に行った。 もともとニキータ・ミハルコフ監督はたいへん好きな監督だし、幼いナージャが可愛らしく、この三部作には、特別の想いがあった。 この監督だから、当然一定の質はあるが、期待したほどの感動はなかった。 結局、この三部作は、反スターリンが主題であって、コトフ大佐もナージャも脇役にすぎない。

難攻不落のドイツ軍の砦に正面攻撃を命ずる少将を酔った勢いで殴りつけたコトフ大佐(ニキータ・ミハルコフ)を、スターリンの命で探しに来たドミートリ(オレグ・メンシコフ )が連れ出した。 森の中で、何も言わずに拳銃を渡すミーチャ、拳銃を握り、自殺はしないとミーチャに拳銃を向けるが殺せないコトフ大佐。 結局帰途に就くコトフ大佐に見せたものは、中将の肩章だった。 それをみて涙するコトフ、しかし、同時に、愛する妻のマルーシャ(ヴィクトリア・トルストガノヴァ )が生きていて、コトフが罪を認める署名をしていたことをミーチャが話したことも聞いた。

二人でマルーシャの家に帰ってきたとき、死んだはずのコトフに驚愕するマルーシャとその家族。 しかし、マルーシャはキリトと夫婦になっていた。 別れを告げるマルーシャたちを見送りながら、たまたま出会った若者の結婚式の喧騒に、悲しみを紛らわしてはしゃぐコトフ。

スターリンに出会ったコトフは、信じがたい命令を受ける。 戦場はあの砦だった。 そして、そこには、ナージャ(ナージャ・ミハルコフ )も来ていた。 ・・・・ 


映画「遥かなる勝利へ」(ニキータ・ミハルコフ監督 2011)☆☆☆☆



オフィシャル・サイト  http://www.haruka-v.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「遥かなる勝利へ」、ミハルコフ三部作の主役はスターリンだった! Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる