Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 原田秀司「UI デザインの教科書」絵がいっぱいあって、分かりやすく、楽しい

<<   作成日時 : 2014/09/01 07:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

建築物と同様にWebサイトやアプリケーションは立体構造だと指摘し、カラム・レイアウト、レスポンシブ・デザインやナビゲーションの方法にかなりの頁をさいている。「戻る」のあるAndroidとiOSの違い、パンくずの考慮、グローバルとローカルナビゲーションなど興味深い。

「シームレスなインターフェース」では、オーバーレイ、インクリメンタル・パンニング、カルーセルなどのビジュアルなインターフェースのデザインが紹介されている。

別に実務的な必要性から手にしたものではないから、読み方もいい加減かもしれない。 絵がいっぱいあって、分かりやすく、楽しい。


原田秀司「UI デザインの教科書」( 翔泳社2013.11.18)
<マルチデバイス時代のサイト設計-―アーキテクチャからUXまで>
CHAPTER-01 Webサイトアーキテクチャ 構造について
・縦・横・前後の立体的構造
・レイアウトパターン
・ナビゲーション
・一貫性
CHAPTER-02 デバイスインーフェース ― デバイスについて
・物理的制約
・ソフトウエアの制約
・スクロールの指向性
・デバイスによるインタラクション
 ・・・マウスによるフィードバック  マウスオーバー、フォーカス、オンクリック
 ・・・タッチパネルによるフィードバック タップ、スワイプ、ドラッグ、フリック、ピンチ、タッチホールド
・シームレスなインターフェース
 ・・・画面をすべて入れ替えず、影響あるところだけ変化する方が自然で、かつ理解しやすい
 ・・・Ajax
 ・・・オーバーレイ
 ・・・インレイは開きっぱなしで良い、アコーディオン
 ・・・横二移動することで新しいエリアが現れるスライド、隠れていたナビケーションなども
 ・・・インクリメンタル・スクロール 続きが無制限に
 ・・・インクリメンタル・ページング
 ・・・インクリメンタル・パンニング  ドラッグで上下左右に
 ・・・カルーセル 横向きのスクロール、ページング
 ・・・シームレスなステップで画面を遷移させずに、処理を完結させる
 

CHAPTER-03 エクスペリエンスデザイン ― 理解と体験、デザインの追究について
・理解と体験
・デザインの追究

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原田秀司「UI デザインの教科書」絵がいっぱいあって、分かりやすく、楽しい Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる