Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「テロ、ライブ」、さすが韓国映画、単なる爆破ものでなく、複雑な背景が。。。

<<   作成日時 : 2014/10/01 10:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「ベルリン・ファイル」のスパイとは打って変わって、軽薄だが、悪に徹しきれないキャスター役がはまっているハ・ジョンウ。 ハリウッドなら単なるテロ映画になっただろうが、テレビ会社内の権謀術数、反権力が負け、権力が勝つのは韓国映画風・・・。

おそらく、ヨイドの方角から、麻浦大橋を望む場所、現実にはMBC放送センターあたりに、栄華の舞台となった、この放送局がある。  映画全編、ほとんどこの局内のできごとだ。  キャスターを首になったユン・ヨンファ(ハ・ジョンウ) は、やる気もないラジオ番組でリスナーからの電話を受けている。  ある日、男から電話が入り、話の途中でなぜ切ったと文句を言われる。 相手にもしたくなかったヨンファは、男が橋を爆破するぞ、それでもよいのかとすごんだとき、どうぞ勝手にやれと返事してしまう。 ほどなく大音響が聞こえ、橋が爆破された。

これが、キャスター復帰のチャンスとみたヨンファは、警察に通報することなく、局長(イ・ギョンヨン)に、このネタでキャスターに復帰させろと交渉を始める・・・・そして、独占生中継がはじまるのだが・・・・。
   
橋の爆破、ビルの爆破など、CGで構成しているところ以外は、登場人物も少なく、かなりの低予算なのではないか。 なかなかよくできた佳作だ。 

映画「テロ、ライブ」(キム・ビョンウ監督 2013) 

オフィシャル・サイト http://terror-live.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「テロ、ライブ」、さすが韓国映画、単なる爆破ものでなく、複雑な背景が。。。 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる