Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「トゥモローランド」

<<   作成日時 : 2015/06/12 06:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

科学技術だけではなく、あらゆることに、未来に夢を持つ人が地球を救うし、救うだろうという物語。 ディズニーのトゥモローランドをベースにしているのは間違いなかろうが、それが逆に見ていて混乱してしまった。 スペース・マウンテンの建物などが見えると、あのトゥモローランドの物語化と錯覚してしまう。

こちらのトゥモローランドは、次元の異なる世界にあって、行き方がどうもはっきりしない。 エッフェル塔に隠されたロケットから行くと言うのも、面白いけれど、ちょっとどうかという気がするセンスだ。 NASAのロケット発射基地の解体を妨害していた、ロケット大好きのケイシー(ブリット・ロバートソン)のためだ。

それよりも、1964年ニューヨーク万博の、イッツ・ア・スモール・ワールドの中から、行く方が楽しそうだ。 万博の発明コンテストに参加したフランク(大人になった時はジョージ・クルーニー )を、夢見る人の候補とみなした少女アテナ(ラフィー・キャシディ )が招待したものだ。 

若きフランクは、アテナに恋していたが、アテナは人間ではなかったことや、地球の最後に対する対応などで、トゥモローランドのリーダーから追放される。  未来の、なんでもありうる世界でも、なんとも、政治的な葛藤があるものだ。 

しかし、アテナから招待されたケイシーが、なんで、彼らに追われるのか、理由がいまいちはっきりしない。 別に地球でなにか活動しててもいいだろうに。 

それに、良く考えてみると、トゥモローランドと、地球の最後とは、どうも、関連がわからない。 関係ないんじゃないか。 モニターのせいかな ・・・・ それなりに面白いのだけれど、創り方がもっと素直だったり、緻密だったりすれば、もっと良くなるんじゃないかと素人ながら思う。  たとえば、出だしのジョージクルーニーのシーンなんか、要らないんじゃないか。

そういえば、ケイシーの弟が、どこかで見たと思ったら、TV番組の「エクスタント」で、ハル・ベリーの子どものロボットを演じている子役だった。



映画「トゥモローランド」(ブラッド・バード監督 "TOMORROWLAND" 2015)





オフィシャル・サイト
http://www.disney.co.jp/movie/tomorrowland.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「トゥモローランド」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる