Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 畑村洋太郎「技術大国幻想の終わり」

<<   作成日時 : 2015/08/23 17:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

失敗学で有名な畑村氏の現状認識と日本の製造業への提案だ。 ものづくり、つまり日本の製造業に対する課題の認識には、さすが得意分野と思うが、それ以外の日本社会についての議論は、やや平凡で、畑村氏に対する期待がかなりしぼんでしまったことは否定できない。


「産業界では、この頃(1980年代)から次第に、他国の事例に学んだり、提言や忠告に耳を傾けたりする姿勢が失われていったのではないでしょうか」との指摘や、リスクに対する知見を捨ててきた原発企業を傲慢と語るのも、体通りの、まともな方だとも思う。

ほかにも、東南アジアにおける韓国企業サムスンの地域専門家制度がやっているような、じっくり地域にはいりこんで価値を追求するなどせずに、ただ製品を持っていった日本企業に対して、かなり厳しい見方をしている。

日本の企業は、アップルのように先端技術と新規商品で生きていけるほどの人はいないし、EMSに徹することができるほどの規模がない。

結局、自分の頭で考えないモノの考え方、効率重視で価値を考えないからくり、自分の頭で考える人を作るよう教育を変えてゆこう・・・という提案だから、先が長いというか、もうダメなんだろう。



畑村洋太郎「技術大国幻想の終わり」(講談社現代新書2015.6.20)
第1部 日本の状況
1. エネルギーと食料
2. 自然環境
3. 人口と社会階層
4. 産業構造の変化
5. 産業が停滞するのはなぜか
第2部 日本がこれから意識すること
第3部 日本の生きる道
1. 市場のあるところでつくる
2. それぞれの社会が求めている商品を知る
3. 日本の経験を売る
4. ものづくりと価値
5. 決定的なのはトップ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
畑村洋太郎「技術大国幻想の終わり」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる