Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 安保法案に安倍晋三氏という人を推量して見る

<<   作成日時 : 2015/09/17 07:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ここまで立法事実・根拠もないことが明らかになり、違憲であることが証明され、国民の反対が賛成の倍もある、そんな状況で、なぜ、安倍晋三氏とその仲間たちは、法案成立に邁進するのだろうか。  


・単に、言い出したことだから、引くに引けない ・・・ ここで引いたら、みっともないし、引責問題にもなる

・アメリカ議会で約束したから、ここでやめたら非難にさらされる ・・・ 日本の国民に責められるより、アメリカから攻められる方が怖い、 小沢も鳩山も福田も ・・・ アメリカの不興をかこったからクビになった

・いや、そもそも、引くことなど考えていない、自分は絶対的に正しいと思っている。 反対する元最高裁裁判長も、憲法学者も、もちろん、野党も、間違っている。 自分は総理大臣だから正しいのだ。 ・・・ こう考えることは、至極ありうることだ。 父親、安倍晋太郎氏が、晋三は情が無いから政治家には向いていないと評したらしい。 
もともと情もなく、頭脳もそれほど明晰とは思えないなら、自分だけが正しいと思い込んだとしても不思議ではない

・祖父、岸信介氏が、あの60年安保改定反対の渦の中でも「信念を通した」のだから、自分も、祖父を超えるためには、じっと耐えないといけない。 「信念」が正しいことを、人には説得力のある説明ができないが、正しいのだ、だから、自分も、千万人が反対しても、正しいことをやるんだ 

・安倍晋三氏は、基本的に、自分に批判的な言説には、反発してすぐキレるようだ。 審議は知らぬが、テレビ朝日の報道ステーションに出席しようとしていたが、味方の岡崎氏が欠席、相手が木村草太氏ではかなわないからとドタキャンしたという話もある。 ミヤネ屋や右翼の番組には出るが、敵の番組には出ない、という噂だ。 

つまり、安倍晋三氏という人は、第一次政権のときに典型的だったように、お仲間、おともだ゛ちだけでやっていきたい人なのだ。 人の意見も、おともだち、お仲間の意見しか聞かないのだろう。  そういう、子どものころから慣れ親しんだ世界でしか、世界を知らないのだろう。  だから、経団連の言うことばかり聞く、ネトウヨと同じ発想、・・・ になったのだろう






安倍晋三と翼賛文化人20人斬り [ 佐高信 ]
楽天ブックス
新・佐高信の政経外科 佐高信 河出書房新社発行年月:2015年03月20日 ページ数:245p サイ

楽天市場 by 安倍晋三と翼賛文化人20人斬り [ 佐高信 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安保法案に安倍晋三氏という人を推量して見る Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる