Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「フューリー」、「グレートデイズ 一緒に挑んだ父と子」、「フライト・ゲーム」

<<   作成日時 : 2015/09/01 17:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0


映画「フューリー」(デヴィッド・エアー 2014)

久しぶりの戦争映画。 といってもTV放映ではよく見るが、映画館で見たのは、・・・ いつ、何だったか記憶にない。  オール・ユー・ニード・イズ・キルは異星人だし。。。。 最近、流行らないのではないか、ひょっとして。

ノルマンディーから一年近くたち、ベルリンに向かって、まっしぐら。 ドイツ軍の執拗な抵抗に対して、ドイツ軍戦車よりも性能の劣る愛車「ヒューリー」に乗った、チーフのドン(ブラッド・ピット)と4人の仲間。 ドンの指示に従えば、アフリカ戦線以来、周りが倒れても無事に戦って、優れた戦跡をげてきた。

全体的には勝ち進んでいるのに、先頭を行くだけに、全滅の危険が常に予測される。 そして、たった一隻だけ残ったフューリーは、「十字路」で地雷を踏んで、壊れてしまう。 そこに、前方からドイツ軍の一団が見えた。 チームメンバーは、死が必然だから、フューリーを置いて逃げることを主張するが、ドンは、自分ひとりでも、ヒューリーで戦うと主張する・・・・・

敬虔な新兵の参画、神も仏もない戦争の実態、新兵の恋と、哀しい結末、そして、絶体絶命の戦いで一歩も引かぬリーダー ・・・・・ お約束の戦争映画だが、ストーリーは、そんなでもいい。 全体的な勝利は確実なのだから、もっと余裕で戦えばいいじゃないか・・・・というのは、戦争を知らないからかな。  



オフィシャル・サイト
http://fury-movie.jp/






映画「グレートデイズ 一緒に挑んだ父と子」(ニルス・タヴェルニエ監督 DE TOUTES NOS FORCES 2013)

無口で、なかなか自分に話しかけてくれない父親が、若い頃にトライアスロンに出たことを知って、ジュリアンは、父親ポール(ジャック・ガンブラン )に、一緒にトライアスロンに出ようと提案するが、経験ある時分だって、もう歳なのでたいへんだ。それなのに、車椅子で運動もできないジュリアンがトライアスロンに参加できるはずもないと一蹴される。

当然、映画だから、いろいろ経緯があって、参加することになる。  本当に、完走できるのか・・・・

ジュリアン役の青年が、ちょっと、浮いている。 



オフィシャル・サイト
http://greatdays.gaga.ne.jp/






映画「フライト・ゲーム」(ジャウマ・コレット=セラ監督 NON-STOP 2014) 


ずいぶんとめんどくさい、入り組んだ内容だが、所詮、ハイジャックのストーリー、パターンに大きな特色はない。 
リーアム・ニーソンはいつものようだが、ジュリアン・ムーアの正体が怪しく、最後まで疑心暗鬼だ。 



オフィシャル・サイト
http://flight-game.gaga.ne.jp/



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「フューリー」、「グレートデイズ 一緒に挑んだ父と子」、「フライト・ゲーム」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる