Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS エドワード・アーティゾーニ「チムとゆうかんなせんちょうさん」

<<   作成日時 : 2016/01/19 11:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

アーティゾーニ氏は絵が好きで挿絵画家になろうと考えていたらしい。5歳の息子のために描いたお話しが、この「チムとゆうかんなせんちょうさん」。 船と海が好きで、船に乗って冒険がしたいチム。 ある日、ひょんなことから大きな船に乗ることができて、水夫やコックや航海士さんの手伝いをしながら、可愛がられていた。 そして、ある日大きな嵐が来て、船長さんとチムだけ残った船でが沈没してしまった・・・・

とくにどうということのない他愛ない話だけれど、ほんわかとした挿絵の温かみが人気の秘密なのだろう。この絵本を皮切りに、チムシリーズがうまれ、血無の海洋冒険談が続くことになる


エドワード・アーティゾーニ「チムとゆうかんなせんちょうさん」(福音館書店 2001.6.20)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エドワード・アーティゾーニ「チムとゆうかんなせんちょうさん」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる