Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 柳田邦男「自分を見つめるもうひとりの自分」

<<   作成日時 : 2016/04/15 09:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

御子息を自死で喪った体験もあるらしい?柳田氏が、月刊誌「佼成」に連載したコラムをまとめ、七十年以上生きてきたなかで、生きる上で支えになった出会いや考え方を集めた小冊子。

柳田氏は母親の影響が大きいようだ。柳田氏はあまり嫉妬や羨望の感情をもたないらしい。母親は、決して悪口や差別的なことを言わない人で、「仕方なかんベさ」と「何とかなるベさ」が口癖だったらしい。人間にはどうにもならない運命と言うものがあり、コツコツと働いて生きていれば、いつか必ず良い日が来ると信じていたようだ。それは結構ポジティブな生き方だという。

柳田氏の心の在り方はだいたい理解できる様な気がする。 自分を他者と比べない、人は様々で良いのだと思えば、無用なストレスを溜めない楽な人生になると考える人だ。 それでも子どもの自死など突然の苦悩が起こりうる。 そのとき、「苦悩する自分を、少し離れた距離から見つめるもうひとりの自分の眼」を持つことと、「人は物語を生きている」のだから、「今起きていることを、長い人生の物語の中の「章」の一部だと考える」ことで、ある意味突き放しい、次の章に期待することができる・・・そのように生きる、ということだ


柳田邦男「自分を見つめるもうひとりの自分」(佼成出版社 2016.1.30)
1. 自分を見つめる
2. 心を癒す
3. グリーフケア
4. 人生の出発点

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
柳田邦男「自分を見つめるもうひとりの自分」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる