Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 山本博文「格差と序列の日本史」

<<   作成日時 : 2016/08/20 08:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに途中でギブアップした本だが、本がつまらないとかくだらないとか言う訳ではない。 なかなかユニークな視点で、よく調べられ、まとめられてい、よい本だと思う。

ただ、私の関心とは違ったというだけだ。 「格差」について私が知りたい日本史とは、天皇制や未解放部落の成り立ちとか、都市と農村とか・・・であったが、筆者の注目する「格差」は、官僚組織の「上」と「下」の格差であるようだ。 それを古代から現代にわたって追求するのは、とてもユニークな試みと言える。 ただ残念ながら私には官僚組織など全く関心がない。現代にあっては、たとえ「下」であっても、官僚組織の正「社員」なら、いいほうだから。

 
山本博文「格差と序列の日本史」(新潮新書2016.5.20)
序章 時代をあらわす「格差」と「序列」
第一章 部族的社会から官僚制へ ― 古代
1. 大王家と豪族
2. 「律令国家」とは何か
3. 摂関政治の官僚たち
第二章 血筋から実力の世へ ― 中世
1. 院政と私的主従関係
2. 鎌倉武士たちの官僚制
3. 朝廷権威の失墜と室町幕府
第三章 武家の論理と政治の安定 ― 近世 
1. 織田・豊臣の中央集権
2. 江戸幕府の政治組織
3. 旗本、御家人の出世
4. 幕府制度の近代化
終章 格差解消の時代 ― 近代・現代



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山本博文「格差と序列の日本史」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる