Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ハッピーエンドの選び方」

<<   作成日時 : 2016/12/15 16:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

発明好きのヨヘスケル(ゼーヴ・リヴァシュ)は、友人ヤナの夫の尊厳死の希望をかなえるべく、安楽死装置を開発した。 獣医ダニエルが提供する薬を入れて、点滴として送り込むのだ。 ダニエルの芸の相手で元警官のセガールも心配で参加する。 


冒頭の発明は、神様からの電話にみせかけるためにエコーをかける発明で、老人ホームの仲間を力づけていた。 楽しいだけのコメディかと思いきや、結構シリアスな展開になってゆく。  ホームではなんとなく、ヤナの夫の死は、彼らのせいだと知れ渡っていた。 そして、自分の妻にも頼みたい、やらなければ通報するぞと脅される。  


ヨヘスケルの妻は認知症の症状が出始めていて、 だんだん正気を失っていく。 

愛する者が苦しんでいる。  早く楽にしてくれと頼む。  医者は何も回答が与えられない。 
それに、コメディタッチで、こたえている。 しかし、若い人にはコメディでも、わたしのような年齢になると、なかなか身近で、切実で笑えない。






映画「ハッピーエンドの選び方」(シャロン・マイモン&タル・グラニット   MITA TOVA   2014)




オフィシャル・サイト
http://happyend.asmik-ace.co.jp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ハッピーエンドの選び方」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる