Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜」

<<   作成日時 : 2017/03/08 08:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

誤解をしていたようだ。 難民の記録映画だと誤解していた。 なんで、なんでもない少年のパチンコ遊びや弱視の矯正なんかの話しを長々とやるんだろうと退屈に思っていたが、実は、こちらの、島民の何でもない日常がドキュメンタリーの主役だったんだ。


イタリアの最南端の小さな島、ランペドゥーサ島に暮らす少年は、漁師町なのに、ボートを漕ぐのも下手で、海に出れば波に揺られて吐いてしまう。 サボテンを人に見立てて、パチンコで石をぶつけて遊んでばかりだ。 お父さんから、桟橋で練習して平衡感覚を鍛えろと起こられる。

母親?か、どこかのおばさんのマリアは、息子の漁のために、ディスク・ジョッキーにリクエストしたり、淡々と料理したりしている。

一方、海上では、難民の船からのSOSがしきりに発せられたり、ヘリコプターが遭難場所に飛んでゆく。
監視船から賭けつけたボートに瀕死の病人を何人も収容、甲板で診察する医師が、極度の脱水症状で危ないと、診て回っている。 難民船は比較的安全な上部デッキは高額で、より貧しい人びとは船倉の暑く、空気のよどんだところで、一週間も水も飲まずに漂っているのだ。 燃料の供給にかりだされた人は全身やけどをおっている。

難民の診察に携わる医師は、とてもやるせない感じで、無力感にとらわれているようだ。

この島にたどりつく難民の出身地はリビア、エリトリア、チュニジア、などなど、アフリカが多いが、シリアもある。


予想した映画とかなり違い、ちょっと退屈したが、観終わった後から、ジワーと難民と島民の落差に唖然としてくる。




映画「海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜」(ジャンフランコ・ロージ監督 "FUOCO AMMARE"  2016)



オフィシャル・サイト
http://www.bitters.co.jp/umi/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる