Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 明石順平「アベノミクスによろしく」経済政策失敗に責任をとらせたい

<<   作成日時 : 2017/12/26 15:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

経済の言葉にアレルギーのある私でも、理解しやすく、読み進められた。 アベノミクスは失敗しているのに、ずっとごまかし続けている、メディアも野党も追及しないからだと、ずっと思っていたが、まさしくその通りだった。 アベノミクスは失敗している。 しかし、怖いのは、日銀やGPIFの異常な政策をやめた途端、すべてが明るみに出て大暴落、大不況に転落するかもしれない、ということだ。 しかし、いつか、そうなるなら、早い方がいい。 

以下は、各章の「まとめ」を更にまとめた「総まとめ」で、若干、それに私が手を加えたものだから、ひょっとしたら、筆者の論理から外れているものもあるかもしれない。 

@ GDP比で米国の4倍にもなる超異次元の金融緩和をおこなっても、マネーストックの増加ペースは変わらなかった。 需要が弱いから、お金は日銀当座預金口座から貸し出しに出て行かないのだ。 物価上昇は消費税と円安によるものだけ。 増税の影響抜きの毎年2%増など到底達成できない。 マイナス金利も効果なし。  しかし、物価が上がれ馳景気が良くなるというリフレ派の理論そのものが間違いだった

A 増税と円安で物価は上昇したが、賃金がほとんど伸びなかったので消費が異常に冷え込み、経済は停滞した。 賃金が上がらないのは非正規労働者の増加のせいでなく、一般労働者も下がっているのだから、国内実質消費は戦後最悪の下落率を記録したのもある忌み当然。 結果、アベノミクスは民主党政権時代の三分の一程度しか実質GDPを伸ばせていない

B 経済停滞をごまかすため、2008SNA対応を隠れ蓑にした異常なGDP改定が行われた。 失敗を隠すと同時に、「アベノミクス以降の名目成長率を維持できれば、2020年度に名目GDP600兆円を達成できる」というストーリーができあがる、という、悪知恵だろう。 旧基準や「その他」変更の前の数字と併記すべきだのに。 GDPのかさ上げは、日本の借金返済能力をごまかす行為といっていい。

C 雇用の数字改善は労働人口減、労働構造の変化、高齢化による医療・福祉分野の需要増の影響。 これはアベノミクス以前から続いている傾向で、アベノミクスとは無関係。 安倍晋三氏は雇用をアベノミクスのせいかと必ず言うが、それは真っ赤な嘘であって、民主党政権時代からのトレンドだ。 政策によるものでなく、生産労働人口が減少し、そのうえ、非正規雇用の増大という雇用構造の変化で、必然的に雇用が必要になっている

D 株高は日銀(量的金融緩和と日銀ETF爆買い)と、年金(GPIF)でつり上げているだけ。 実体経済は反映されていない。 2014.10 GPIFはポートフォリオを大幅に変更し、株式比率を高めている。 しかも国内株価にこだわり、株価が下がったときに購入して下支えする効果がある

E 輸出は伸びたが、輸出数量が伸びたわけではない。 円安で価格が上がっただけ。 一部の輸出企業が儲かっただけだが、円安で儲かったはずの製造業ですら、実質賃金は伸びていない。 行き過ぎた円安を引き起こし、賃金上昇を伴わない悪性インフレを招いて国内需要を冷え込ませ、経済を停滞させた

F 3年連続賃上げ2%は全労働者のわずか5%にしかあてはまらない

G アベノミクス第三の矢の目玉である残業代ゼロ法案は長時間労働をさらに助長し、労働者の生命と健康に大きな危険を生じさせる他、経済にも悪影響を与える。 かたや、残業時間規制を法制化して、かたや、残業代ゼロ法案を成立させようとする。 頭がおかしくなったか、佳いところだけ宣伝するつもりか。

H 緩和をやめると国債・円・株価すべてが暴落する恐れがあるので出口がない。しかし、このまま続けるといつか円の信用がなくなり、結局円暴落・株価暴落を招く恐れがある。 しかし、日銀がやっていることは、財政法第五条で禁止されている「国債の直接引き受け」と変わらない。 つまり禁じ手だ。 インフレをもたらすから禁じ手なのだ。


いまやっていることは、「額面100円、利息1円の国債を102円で購入して、それを103円で日銀に売るような現象が起きている」。   異常なのだ。 




明石順平「アベノミクスによろしく」(集英社インターナショナル新書 2017.10.11)
第1章 アベノミクスとは何か
第2章 マネーストックは増えたか
第3章 国内実質消費は戦後最悪の下落率を記録
第4章 GDPかさ上げ疑惑
第5章 アベノミクスの「成果」を鵜呑みにしてはいけない
第6章 「第3の矢」は労働者を過労死させる
第7章 アベノミクスの超特大副作用
第8章 それでも、絶望してはいけない





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
明石順平「アベノミクスによろしく」経済政策失敗に責任をとらせたい Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる