洗足池日記 11/21

8日ぶりのブログ投稿となる。 「投稿生産性」などという概念があればひどく落ちているかもしれない。 どうせ誰も見ていないのだから、気楽に・・・とは思いつつ、あまり書けない。 しかし、一枚の写真が何も言わずとも、今の時期の洗足池の素晴らしい風景を語ってくれる。

画像


確か、池月の馬と呼ばれる。 源頼朝の家臣、佐々木高綱に賜った名馬で、富士川の戦いで先陣を争った。 

そして、平日10時頃となると、南から、西から、北から・・・いくつもの保育園から、たくさんの子供たちが、遊びに来る。 どんぐりを拾ったり、勝海舟の墓の前の広場で鬼ごっこしたり、水生植物園の橋で観察したり・・・・一気に、温かな空気が広がる。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック