映画「それだけが、僕の世界」

イ・ビョンホンが冴えない孤独な元ボクサーで、前半は冴えないままの映画で退屈する。ガラリと変わるのは、弟のオ・ジンテが街角におかれたピアノでショパンを弾き始めてからだ。ガラッと映画のリズム迄変わった。 「アメリカでは満38歳、この国では40歳」と、スパークリングの相手としては年寄過ぎるのではと訝しむ相手にそう答えるジョハ(イ・ビョン…
コメント:0

続きを読むread more