映画「運び屋」

クリント・イーストウッド監督の映画は、どれも、どうしてこうも見事にまとまるのだろう。 映画ってのはこういうもんだ、こういう終わり方をするもんだって、言っているように、見事に終わって行く。  デイリリーという花の栽培で名声を得ることにうつつをぬかし、妻や子供を一切顧みることのなかった男アール(クリント・イーストウッド)は、その花の商…
コメント:0

続きを読むread more

映画「マイ・プレシャス・リスト」

私の好きなジャンル、ラブコメ・青春もの、といっていいけれど、主人公のキャリー(ベル・パウリー)が、超天才で飛び級を繰り返しハーバードを卒業してもまだ酒を飲めない年齢というところ、そして引きこもり気味で、父親の友人の精神科医にセラピーを受けている、といったところがちがうかな。  セラピストから指示され、仕方なく、幸せになるためのリス…
コメント:0

続きを読むread more