トニ・モリスン「「他者」の起源」

私のここ数年の最大の関心は、なぜ日本人は東アジアの人々に対する差別感情をもつようになったかという問題だ。 それとはもちろん環境も歴史もまったく違うけれども、アメリカ人、(「アメリカ人」という言葉は白人を内包している)の黒人に対する差別の「起源」が分かれば、多少は参考になるかもしれない、というのがこの本を手にした動機だ。しかし、残念ながら…
コメント:0

続きを読むread more

山折哲雄「老いと孤独の作法」

山折哲雄氏の著作はよく目にしていて、基本的には信頼に足る哲学者だと思っている。 ただ、仏教哲学とそれに裏打ちされた思想を好ましいものとして受け止めてはいるが、決してよく理解しているわけではない。 この新書本は、2005年から2018年にわたって文藝春秋などに掲載されたものをまとめている。とくに根幹の議論があるわけではないので、興味を惹い…
コメント:0

続きを読むread more

柚木麻子「マジカルグランマ」

柚木麻子氏はたぶん初めての体験だ。諧謔というのだろうか、ちょっと苦いところもあるが婆さん女優の、自分が有名になって好きな仕事したい、というはた迷惑な我が儘し放題だが応援せざるをえなくなるような頑張り。 「マジカルグランマ」とは、作中登場人物のある女性が、正子が大好きな「風と共に去りぬ」のスカーレットの乳母であるマミーをマジカルニグ…
コメント:0

続きを読むread more