映画「ブレイブ・ロード 名もなき英雄」

トルコの映画には、稀にびっくりするようにいい映画もある。 この映画は、実話に基づいた朝鮮戦争秘話だ。朝鮮戦争の国連軍の一員とした、いち早く参戦したトルコの英雄譚かとおもいきや、あれ、この子!とびっくりする少女が出演していて、俄然、見る目が変わった。韓国ドラマ「応答せよ、1988」の横町でみんなに愛された幼児、チンジュ(キム・ソル)がでているではないか。

トルコから優秀な将校が選ばれて韓国に渡った。 赴任したとき、もう戦争は終わったとみな思った。 林の中を進んでいた時、多くの民間人死者にあいだに、小さな女の子が茫然と横たわっていた。 スレイマンは抱き上げて部隊に連れて帰ると、スレイマンから片時も離れなかった。当初はショックのせいか口もきけなかったが、そのうち、スレイマンをパパと呼ぶようになった。スレイマンやアリたちは、アイラと名づけ、可愛がった。当初は否定的だった軍上層部や米軍なども、アイラが部隊で過ごすことを黙認した。スレイマンは任期が終わっても、アイラを連れて帰らないならと延長して残った。トルコの恋人は、自分よりも少女を選んだと理解した・・・・

淡々とした作りだ。 韓国映画ならもっと心を震わすような作り方をするのだろうが、トルコ映画は淡泊だ。 そんな中に、キム・ソルのしぐさが可愛らしい。 決して美少女という呼ばれ方はしないキム・ソルだが、「応答せよ、1988」の頃から可愛いのだ。2011年生まれだから、映画「国際市場で会いましょう」のときは2歳、ドラマ「応答せよ、1988」のときは4歳、そしてこの映画は5,6歳のときだ。



映画「ブレイブ・ロード 名もなき英雄」(ジャン・ウルカイ監督 AYLA: THE DAUGHTER OF WAR 2017)

2019年1月より開催の<未体験ゾーンの映画たち2019>にて上映
https://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2019



この記事へのコメント