映画「その日のまえに」

「その日のまえに」の「その日」は、逝く日。「その日」を知っていれば、残り少ない日々を豊かに過ごすことができる。全編をとおしてノスタルジックなリリシズムに溢れている。この抒情感は、50年前の「いつか見たドラキュラ」からまったく変わらない大林映画の特色だと私は思う。重松清氏の原作もよいのだろう。素人の南原清隆と、素人っぽく演技できる永作博美…
コメント:0

続きを読むread more