テーマ:韓国

韓国ドラマ「空から降る一億の星」

「空から降る一億の星」という覚えにくいタイトルの韓国ドラマ、なかなかよくできたラブ・ストーリーだった。  短くも哀しく燃える。 韓国ドラマには、よく悲しい子供時代の記憶を引きずっていく人生を描くものが多い。 失われている記憶をとりもどしてゆくドラマもまたよくあるパターンだ。 取り戻した後はたいていはハッピーエンドにつながるのだが・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国ドラマ「マイ・ディア・ミスター 私のおじさん」は素晴らしい

韓国ドラマ「マイ・ディア・ミスター 私のおじさん」は素晴らしい。 大好きな IU主演ということで見始めただけなのだが・・・ちなみに、IUは歌手としてよりも俳優の方がいい 最初はなんて暗いドラマなんだろうと思ったが、いろいろ惹きつけられた。主人公のプロファイルをみればその暗さがわかる。 ・イ・ジアン(IU)・・・人を殺し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョ・セヒ「こびとが打ち上げた小さなボール」

なかなか独自の雰囲気を持った、寓話的な物語だなと感じつつ読み進めていたら、この小説は最近創作されたものではなく、70年代後半に書かれたもので、それも有名なロングベストセラー作品と知って、寓話などではなく、きわめてリアルな物語なんだと理解した。 しかしリアルな物語をリアルには描くことは70年代、80年代にはできなかった。軍事独裁政権は反体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「天命の城」

朝鮮が清に服属する最初の出来事、「三田渡の盟約」の経緯を描く歴史ドラマ。頼りなく死を恐れ、自身が生きながら得ることを願う王仁祖、たとえ死んでも大義ある王と国家であるべく王を導くのが臣下の道だと信ずる大臣キム・サンホン、そして、どんなに屈辱的であっても民の生命を守るのが王の道だと考える大臣チェ・ミョンギル、三人と宮廷の流儀しか知らない官僚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世宗大学独島総合研究所・保坂祐二編「文書・証言による日本軍「慰安婦」強制連行」

興味深いという言葉は不謹慎かもしれぬが、慰安婦を朝鮮半島や日本内地から、満州、中国、東南アジアに送るために、内務省や警察と軍とが、知恵を絞っているのが、たいへん官僚的で興味深い。内務省や警察などは、あきらかに国際条約違反や皇軍の評判や権威を落とさぬよう、内務省は無関係というスタンスをとれるよう、いろいろな手続きを定め実視させようとする。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キム・スヒョン「私は私のままで生きることにした」

キム・スヒョンはイラストレーターにして作家。 この本は韓国で60万部を超えるベストセラーになった、読めば読むほど、韓国社会で生きることの過酷さを感じる。こんな文章が端的に表している。  「画一的な社会の姿は、ひとつの答えだけを追い求める  個人の姿に引き継がれた  だから私たちの社会では、体脂肪は17%、  体重は48kgで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ゴールデンスランバー」

誰もが好きなビートルズの曲を私も好きだが、なかでも "Golden Slumbers" から "Carry That Weight" がいちばん好きだ。それもけっこう秘めた恋のように密かなものだ。もし、"White Album"の"Julia"が好きだなんて言うとしたら、それは、ここまで知っているというだけの見栄にすぎないが、"Go…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中塚明「近代日本と朝鮮 第三版」

日本と朝鮮半島とのかかわりについて、かなり詳細に記述されている。若干、言葉遣いと視点にイデオロギーの香りを感じるが、内容は史料に基づく出来事の記載が中心だから、記述の信頼性は高いのだろう。ななめ読みでもよいから、この程度の内容は日本人ならみな、高校生程度で学ぶべきだろうと心からそう思う。歴史教育はここまでやらないと、まともな前進はできま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尹東柱ユンドンジュ「空と風と星と詩」

映画「空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~」や、NHKの「こころの時代」で、尹東柱を知った。詩は中学高校の頃にはよく読み、時には手慰みに書くこともあった。しかし、いまでは詩はまったく別の世界のものだ。それでも、尹東柱の詩は、どこか心に残る。それは、その澄み切った抒情性、素直さ、そして、隠れた強さと言ったものだ。 金時鐘氏は、こんな解説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加藤直樹「TRICK トリック 朝鮮人虐殺をなかったことにしたい人たち」

この本は日本人必読の書だ。工藤美代子・加藤康男の「関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった」という本の、朝鮮人虐殺を否定する方法、つまりトリックを明らかにして詳らかに解説する。こういうことは絶対必要だ。自民党都議が小池知事に勧めたように、歴史修正主義者が、この本に書いてあるからと勧めたその場で、否定する本を読めとカウンターできる。 しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加藤直樹「九月、東京の路上で」

都知事が朝鮮人虐殺の異例の言葉を記念日に語ることをやめただけでなく、いま、朝鮮人暴動は実際にあって、自警団がそれと戦ったと信じる人々が増えているらしい。この本のように、どんなに実際の証言が公開されても、認めたくないことは認めないようだ。そんな人がいま韓国に対しては何言ってもいいんだと、白昼のテレビ番組で韓国たたきをしている。  巻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊藤孝司「無窮花ムグンファの哀しみ」

映画では、「慰安婦」にされた朝鮮人女性のドキュメントを2,3回観ましたが、書籍では読んだことなかったと思います。今回初めて、彼女たちを取材した伊藤浩司氏のまとめたドキュメンタリーを目にしました。従軍慰安婦は、日本政府も軍の関与を認めていますが、実態は、「関与」どころではなく、拉致・強制連行・詐欺まがいの口利きに始まり、まさに連行・奴隷的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林えいだい「筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後」

以前、長崎軍艦島が世界遺産に登録されるという話があり、韓国から抗議があったと聞く。そのときはずいぶん細かいことに文句言うものだと思ったが、この本を読むと、これなら私でも抗議したかもしれないと思いなおす。それほどに、軍艦島(端島)は朝鮮人、中国人の犠牲が大きい。筆者も言う。 「端島は観光資源ではなく、炭鉱犠牲者、とりわけ朝鮮人、中国人の追…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金時鐘「朝鮮と日本に生きる 済州島から猪飼野へ」

日韓の話題で、韓国側が「親日派」を非難していたことかあり、日本側がなんだなんだ、なぜ親日を非難するんだと問題にする、というやりとりがあった。日本人はついこの間の歴史すら知らないのだとおもう。金時鐘氏の「朝鮮と日本に生きる 済州島から猪飼野へ」を読むと、1945年の「解放」後に、いかに米軍と植民地時代の「親日派」が反共のために韓国民衆を蹂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「オールド・ボーイ」

2004年のカンヌ・グランプリ作品だが、それは、このときの審査委員長がタランティーノだったからにちがいない。 日本人作家の原作まんがの映画化。15年もの間監禁されていた男が脱出して監禁の謎を探り、復讐を期すが、そこには本人も驚愕の事実が隠されていた・・・ オ・デスは、女房殺しの嫌疑をかけられていたが、刑務所のようなところで監禁され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「親切なクムジャさん」

パク・チャヌク監督は韓国映画界の有名監督だが、私はそんなに好きではない。どの作品も私には濃すぎて、おどろおどろしい。しいて言えば初期の「JSA」 (2000)がいちばん普通の映画らしい。 「お嬢さん」 (2016)、「スノーピアサー 」(2013)、「イノセント・ガーデン」(2013)、「渇き」 (2009)、 (2005)、「オールド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「黄泉がえる復讐」

オートバイに乗った少年にバッグを奪い取られそうになったミョンスク(キム・ヘスク)は必死にバッグを抱え、引きずられた後に、ナイフで刺殺されてしまった。検事で息子展開しであるジンホン(キム・レウォン)は母を訪ねに近くまで来ていて、犯行現場に駆け付けたがすでに遅かった。ジンホンは警察と協力して犯人の操作に当っていた頃、姉からの突然の電話に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「工作 黒金星と呼ばれた男」

「ブラック・ヴィーナス」という暗号名で安全企画部国際情報部の対北朝鮮スパイが、核開発の状況を探るための遠大な計画として作り出した離散家族訪問・白頭山観光・広告映像場所提供などの事業を提案し、金正日に認めさせるなどの緊迫の工作を、史実に基づいて再現する。単にスパイ工作として始めた事業が、中国のように改革開放に向かうこと、そして南北融和に向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェ・ウニョン「ショウコの微笑」

「作家の言葉」に、最初は小説家としてあまりうまくいかないんじゃないかと、「ショウコの微笑」も予選で落ちたコンテストもあると告白している。その後、別のコンテストで新人賞を受賞したという。  クオン社の「新しい韓国の文学シリーズ」の19巻。同シリーズの15巻には「少年が来る」が掲載されている。どれも読みたい本が並んでいる。 短編集「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「沈黙、愛」

金で何でも解決できると考えているらしいイム・テサン(チェ・ミンシク)は、有名歌手のユナ(イ・ハニ )を愛していて婚約している。しかし、娘のミラ( イ・スギョン)は、どうしてももユナを認めない。ユナの本性を見抜いているからだ。 しかしミラも不良同然の乱れた生活を送っていて、ユナと口げんかが耐えない。 ある日ミラがユナを呼び出した駐車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朴炳植「ヤマト言葉の起源と古代朝鮮語」

「ヤマト言葉」とは、漢字など外国語が含まれない日本固有の言葉、というのが一般的な理解だが、筆者はこういう。「私は「ヤマト言葉」とは「弥生時代に生成された日本語である」と定義する」。それは漢字から来た言葉が多数あるからだという。 ヤマト言葉の起源に関する説は、四通りの説がある。 1. 朝鮮語が語源 2. 蒙古語が語源 3.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハン・ガン「少年が来る」

もっと早くに読めばよかった。今年読んだ本の中でベストワンのひとつかな・・・・ 「少年が来る」の「少年」とは、光州民主化運動のなか、全羅南道の道庁に最後まで残った学生・市民の中にいた中学生トンホと、戒厳軍の銃弾を受けて死んだトンホの友達チョンデをはじめ、あの場にいた少年たち示している。あの場にいた、何人かの視点を通して、あの日と、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BS258 DLifeで韓国ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」放送

BS258 DLifeで、韓国ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」が放送される。 BSでの放送は、私の知るかぎり2回目だが、もっと放送されているかもしれない。 「トッケビ」は、高麗の常勝将軍が、若く無知で愚かな王が邪悪な内官に唆され、民衆に愛されることを嫉んで、将軍を殺してしまう。 将軍は、敵とはいえ多くの人の命を奪った罪と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハン・ガン「すべての、白いものたちの」

なかなかに味わい深い、奥の深いエッセイのようだ。 小説かともおもったが、小説かもしれないけれども、エッセイなのだろう。 「少年が来る」の刊行後、休養も兼ねて、招待されたワルシャワにて、子どもを連れ、暫く過ごした間に、かねてより描きたかった、「すべての、白いものたち」の構想を実現したものだ。  そこには、母親が最初に出産し、すぐに死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョン・セラン「フィフティ・ピープル」

映画でも、いわゆる群像劇は好きだ。 この「小説」は、51人の群像劇。 だから、主人公は特にいない。 詳しくカウントはしていないが、登場人物の多くが、何らかの形でつながっていると、途中から気づく。 その関係図を書きたいくらいだ。 きっと、ソウルの読者はSNSに関係図を作っているだろう。  登場人物は、ソウルから少し離れた地方にある大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司馬遼太郎「故郷忘じがたく候」

「故郷忘じがたく候」を読みたくて、文庫本を手にした。 司馬遼太郎氏の著作は「街道をゆく」シリーズ以外はほとんど読んでいるので、これも再読となる。しかしほとんど忘れていた。読む動機は、そういえば秀吉の時代に拉致された人はどうなったのだろうと思ったからだ。慰安婦にせよ、徴用工にせよ、強制連行はなかっただの、強制じゃなかっただの、いろいろ歴史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ザ・スパイ シークレット・ライズ」

ソル・ギョング、ムン・ソリ、コ・チャンソク、ハン・イェリ、ラ・ミラン、キム・ジヨン ・・・ 地味で芸達者な、玄人好みの配役で作られた、スパイ・アクション・コメディ。 アーノルド・シュワルツェネッガーの「トゥルーライズ」を真似して作られたのだろう。 映画業界人は、こういうものを「オマージュ」と呼ぶのかもしれない。  チョルス(ソル・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「コンフィデンシャル/共助」

「トッケビ」のある場面を思い出す。 名前のない死神に、女性が好ましいと思う男の名前を聞かれたキム・ゴウンが、女性の好きな名前は、「ヒョンビン、ウォンビン、キム・ウビン」と答える、笑わせる場面だ。 そのひとり、ヒョンビンが主演するこの映画は、イケメンのヒョンビンよりもブサイクなユ・ヘジンの存在感が目立つ。   カン・ジンテ(ユ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「主戦場」

日系アメリカ人のYou-Tuber、ミキ・デザキ監督の丁寧で穏やかなインタビューが、「慰安婦問題」に関わる、日本人、韓国人、アメリカ人などのそれぞれの主張を浮かび上がらせ、その主張の検証をおこなってゆく。 印象深いのは、歴史修正主義者の主張が、けっこうい加減さな根拠に基づいていて、容易に覆るものが多い、ということだ。 日本人と韓国人の、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョ・ナムジュ「82年生まれ、キム・ジヨン」

ソウル在住のライター伊東順子氏が、解説で語っている。 「東京医大での入試差別事件が発覚し、日本の女性たちの多くが足元が崩れ落ちるようなショックを受けた。怒りと情けなさの中で思ったのは、韓国なら即時に2万人の集会が開かれているだろうということだ」。 そんな行動的な韓国で生まれた「フェミニズム小説であり、韓国社会における、過去…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more